アロマテラピーを化学で学ぶ

「アロマの辞典」サイト内をGoogle.comで検索します

フェンネル

Fennel

■写真
ウィキペディア
■生態
1.5mくらいまでになる多年草です。

フェンネル プロフィール

効 能
調査中
調査中
調査中
調査中
調査中
  • 英名:Fennel
  • 学名:Foeniculum vulgare
  • 科名:セリ科 抽出部位:種子
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 主要成分:trans-アニソール、α-ピネン、エストラゴール、d-リモネン
  • 主な産地:スペイン

精油の解説

スパイシーで甘い千草のような香りのフェンネルの精油は、前向きな考え方と勇気をを与えてくれます。

消化活動を活発にして便秘やお腹の張りを改善し、消化器系に有効で、鼓動、吐き気に有効です。

体内の毒性老廃物を排出する働きがあります。

満腹感を覚える効果や利尿効果があります。

エストロゲン様作用があり、内分泌系に活力を与えます。

お肌の作用はセルライトを予防してくれます。

フェンネルは強力な精油なので乳幼児、妊娠中は使用しないほうが良いでしょう。

皮膚刺激があるので使用量を少なくする。

よく薄めるなど注意しましょう。

用量が多すぎると中毒をおこし、皮膚感作もおこすことがあるので使用には注意が必要です。

コラム

  • ヨーロッパ各地とロシア、インドでも栽培されています。
  • 日本では「茴香(ウイキョウ)」とよばれています。
  • 古代ローマの頃から満腹感を覚える香りとして減量のハーブとして用いられていました。
  • 精油はダイエットに用いられることがあります。
  • 中世のヨーロッパでは「フェンケル」とよばれ悪霊を払う力があると信じられていました。
  • 古代中国では蛇び咬まれた傷の手当てに用いられる非常にポピュラーなハーブとして親しまれていました。
  • 昔から目の治療や視力回復作用があると言われ、フェンネルをよく利用する国の人々は眼鏡をかけている人がすくないといわれています。