アロマテラピーを化学で学ぶ

「アロマの辞典」サイト内をGoogle.comで検索します

グレープフルーツ

Grapefruit

グレープフルーツ

■写真
フリー素材
■生態
5〜10mほどに生長し、一つの枝に沢山の実を付けます。

グレープフルーツ プロフィール

効 能
抗うつ作用
殺菌作用
消化促進作用
消毒作用
利尿作用
  • 英名:Grapefruit
  • 学名:Citrus paradisi
  • 科名:ミカン科 抽出部位:果皮
  • 抽出方法:圧搾法
  • 主要成分:リモネン、ヌートカトン、
  • 主な産地:アメリカ、イスラエル、ブラジル

精油の解説

ほのかな苦みのある爽やかな力強い香りのグレープフルーツの精油は、特徴成分のヌートカトンがグレープフルーツの独特の風味を加えています。

誰でも抵抗無く感じる柑橘の香りなので、人が集まる場所の芳香浴に適しています。

気分をリフレッシュして沈んだ気持ちを元気にさせ、集中力も高めてくれます。

※光毒性があるので、肌に使用したあと12時間は紫外線を避けましょう。

コラム

  • オレンジの雑種のひとつから生まれた植物。
  • 木にブドウの房のような形で果実がなることからこの名前が付きました。
  • 楽園のような幸福をもたらす香りが由来とされており、学名には楽園の意味で「paradisi」パラダイスと付けられました。
  • 果物や100%ジュースで飲むグレープフルーツやアセロラには薬の毒物の代謝を阻害する働きがあるため、お薬の注意書きに「併合しないで下さい」などのお薬との食べ合わせの禁止している薬もあります。
  • 「併合」と言うのは一緒に摂取をすることであり、お薬を飲んでいる方は摂取をしてはいけないと言うことでは無いので、ご注意下さい。(心配な方は処方した担当医にきちんと薬の成分や食べ合わせを確認すると良いでしょう)
  • しかし、精油にはそのような作用はないので、心配なく使用できます。

グレープフルーツ フローラルウォーター

グレープフルーツの精油は、圧搾法にて抽出されたものが一般的ですが、グレープフルーツのフローラルウォーターは存在します。もちろん、果実からの水蒸気蒸留法にて抽出された貴重なものと言えるでしょう。

ボディ

デオドラントスプレーに。

スキンケア

肌質:脂性肌、ニキビ肌

メンタル/エナジュティクス

リフレッシュや気持ちを落ち着かせる。

お勧め手作りグッズ

スプレー、ジェル、ローション、パック

手作り石鹸、手作りクリームやジェル、クレイパックなど手作りする時の精製水の代わりに使用すると相乗効果が得られます。

このページのトップへ↑