アロマテラピーを化学で学ぶ

「アロマの辞典」サイト内をGoogle.comで検索します

マンダリン

Mandarin

■写真
現在、掲載準備中です
■生態
約6mほどの高さになる常緑木です。

マンダリン プロフィール

効 能
調査中
調査中
調査中
調査中
調査中
  • 英名:Mandarin
  • 学名:Citrus reticulata
  • 科名:ミカン科 抽出部位:果皮
  • 抽出方法:圧搾法
  • 主要成分:d-リモネン、β-ミルセン
  • 主な産地:ブラジル

精油の解説

深みがある芳醇なシトラス調な香りのマンダリンの精油は、不安な状態を緩和し、心をリフレッシュさせ高揚させ元気にする効果があります。

リラックス作用があり、神経の疲労や不眠の時に役に立ちます。

鎮静作用、食欲増進作用、肝臓の強壮、消化促進作用、月経前緊張症(PMS)の緩和に有効です。

お肌の作用は皮膚再生作用、細胞促進作用、皮膚軟化作用があるので妊娠線や瘢痕の改善に有効と言われています。

※光毒性があるので、肌に使用したあと12時間は紫外線を避けましょう。

コラム

  • 中国南部の原産で今では広い範囲で生育しスペイン、イタリア、ブラジル、カルフォルニアなど多くに地域で栽培されています。
  • 光沢のある葉と芳香を放つ花と甘く多肉質の果実をもちます。
  • タンジェリンは植物学上では非常に近縁の仲間です。
  • タンジェリンはマンダリンに比べると香りも弱く種子もありません。
  • 「マンダリン」の名前は、中国清朝の高級官吏を指す言葉が語源です。
  • 彼らの主君に尊敬のしるしとしてマンダリンが贈り物として利用されていたことが由来するといわれています。
  • イタリア産のマンダリンから抽出される精油は特に高品質で、香水の原料としても良く用いられます。