アロマテラピーを化学で学ぶ

「アロマの辞典」サイト内をGoogle.comで検索します

イランイラン

YlangYlang

イランイラン

■写真
神代植物公園7月撮影
■撮影者コメント
撮影時は開花時期でないため、花は咲いていませんでした。画像は葉ですが、オイルを抽出するのは花びらです。
■生態
「花の中の花」という意味を持ち、一年に渡り黄色、白、紫、ピンクの花を咲かせます。15mほどまで生長する木です。

イランイランプロフィール

効 能
抗うつ作用
催淫作用
鎮静作用
血圧降下作用
抗炎症作用
  • 英名:YlangYlang
  • 学名:Cananga odorata
  • 科名:バンレイシ科 抽出部位:花
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 主要成分:リナロール、ゲラニオール、酢酸ベンジル、安息香酸メチル
  • 主な産地:フィリピン、マダガスカル、コモロ、セイシェル、インドネシア

精油の解説

南国のエキゾチックな甘い香りを持つイランイランの精油には疲労した身体・感覚・感情を生き生きとした状態に導きます。

大きなショックやストレスに見舞われると身体と感覚と感情がバラバラになったように感じてしまいます。

そんな時に助けになってくれる精油です。

コラム

  • イランイランは5〜6月の早朝に摘んだ『黄色の花』が品質が最も良いとされています。
  • イランイランは分留と言われる方法で精油を抽出します。
  • 分留とは、同じ原料を何度も繰り返し原料を抽出する方法です。
  • 1回目に抽出したものをエクストラと言います。
  • 最高級のエクストラはトップコートが強くアロマや香水に使用します。
  • 2回目をファーストといい、ファースト以降に抽出されたものを石鹸などに利用します。
  • 3回目をセカンド、4回目をサードと言います。
  • 3回目以降に抽出されたイランイランは、「カナンガ」と呼ばれ販売されています。
  • 1回目から2回…と抽出を繰り返していくと徐々に香りや成分が劣ってきます。

イランイラン フローラルウォーター

ヘアケア

頭皮にとても良い働きがあるので、頭皮や髪質でお悩みの方、ローズマリーウォーターとブレンドしてヘアトニックや無添加シャンプーやコンディショナーお勧め。

スキンケア

肌質:乾燥肌、成熟肌

メンタル/エナジュティクス

イライラな気持ちを落ち着かせ、リラックスさせます。

お勧め手作りグッズ

化粧水、乳液、クレイパック、トニック、シャンプー、コンディショナー

手作り石鹸、手作りクリームやジェル、クレイパックなど手作りする時の精製水の代わりに使用すると相乗効果が得られます。

このページのトップへ↑